操縦士になる夢

大空をスイスイと飛んでいくヘリコプターの操縦士に憧れを持つ人も少なくないとおもいます。ジェット機と比べた場合に、免許を取るシステムも環境も整っていることが多く、車の免許を取るときと同じ感覚で取得できるのも大きな魅力となっています。

ヘリコプターの免許を趣味として取得しようと考えている方も多いとおもいますが、せっかく取得するのであれば、趣味としてではなくて、操縦士として働くことを希望される方も増えてきているようです。

近年では、夜の都会を飛行するプランもあれば、ドラマみたいに救命救急士としてヘリコプターに乗り込んだり、操縦するパイロットの需要も増えてきています。

それでは、パイロットの操縦士になるにはどのような勉強をすればいいのか確認してみましょう。操縦士になるということは、プロとしてヘリコプターを運転する仕事になります。プロですので、趣味として発行される操縦免許ではなくて、「事業用操縦士免許」が必要になります。まずは、事業用ですので高等学校卒業以上が絶対条件になります。また趣味として取得したヘリコプターの免許である「自家用操縦士免許」も既に持っていることと、年齢も満18歳以上であることが条件です

ヘリコプターに乗る為に事業用操縦士免許を取得するということは、国家試験に合格することになります。仕事としては、新聞社などの報道パイロットや、高度救命救急センターに所属する人命救助のパイロット、遊覧飛行などお客様を乗せて安全に飛行する民間企業のパイロットなど、責任感のある職業に就けると言われています。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket